入金するまでのステップ

株式

入力内容や提出書類

XMは海外fx業者ですが、日本からでも口座開設をして、利用することが可能です。XMは20ヵ国を超える言語に対応していて、その中には日本語も含まれているからです。そのため口座開設のオンライン申し込みや手続きも、全て日本語で済ませることができます。具体的な申し込み方法としては、まずはXMの公式サイトにアクセスします。すると口座開設用のフォームがあるので、そこにトレーダー情報として氏名や居住国、メールアドレスなどの連絡先を入力します。さらに、利用するプラットフォームや口座タイプを選択します。いずれも手軽に入力できますが、口座タイプについては慎重に選ぶことが大事です。これにより、レバレッジやリスクの高さ、ボーナスの有無などが決まってくるからです。また、トレーダーにどのくらいの経験や知識があるのかを入力する必要もあります。過去に取引を行ったことがある場合には、その種類や回数を入力するのです。最後にログイン時に必要となるパスワードを設定すれば、口座開設は完了します。しかしその口座で取引ができるようになるのは、まだ先です。というのもXMでは、身分証明書や住所確認書をチェックし、それに問題がなかった場合に入金を許可するというシステムとなっているからです。つまりXMで取引をするためには、書類提出が必要ということです。身分証明書は運転免許証やパスポート、住所確認書は公共料金の請求書などで、いずれもデジカメで撮影したものを送信することで、提出できます。

Copyright© 2017 資産運用にはXMを利用すべし【講座開設がカンタン】 All Rights Reserved.